医師なら知っておくべきストレス対処法


転職の理由で多い「人間関係のこじれ」

これから医師になることを考えている現役学生のみなさんや、既に医療機関などにおいて医師として仕事をされている方、転職を決意して医師向け求人サイトなどを利用されている転職活動中の医師のみなさんに今回お話をしたいのは、医師の仕事もその他のお仕事と同様に「人間関係のこじれ」などによって職場を離れることを決めた方が多いということです。

人間関係のこじれ=医療事故

正直な所、確かにどのようなお仕事であったとしても内部、外部との人間関係が全てうまくいっているというパターンは少数となるでしょう。
大抵の場合、少なからずどこかで人間関係に軋轢が生じているものです。
沢山の人が存在しており、それだけ多様性のある価値観の中ではどうしてもぶつかってしまわなければいけないこともあるのではないでしょうか。
しかし、ここで医師の場合は少し事情が違ってきます。

人の命、健康を守る為の仕事である以上、様々な点において重大な責任を持つ事となるのがこの仕事の特徴ですよね。
なので、ちょっとした対人関係のこじれが大きな問題に発展することも少なくないのです。
患者との関係はもちろん、職場の人間関係がこじれても医療事故に繋がりかねません。
ストレスが過多となり、転職を考える医師はとても多いと聞きます。
そこで、今回は心理学的な側面から他人とうまく付き合う方法などについて、幾つかのテクニックなどをご紹介していきたいと思います。